ワールドニュースDREAMER'S

世界の最新ニュース!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「人工雲」を計画 W杯主催のカタール

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)を2022年に主催する中東カタールの大学は26日までに、高温対策としてスタジアム上空に太陽光線を防ぐ遠隔操作方式の巨大な「人工雲」を浮かべる計画を発表した。

カタール大学機械工学部のアイデアで、炭素繊維や太陽光パネルを使ったこの人工雲で温度を10度下げることが可能と説明している。ヘリウムガスを注入して浮かべる。今年末までに4メートル、3メートル大の試作品を造り、効果を調べる予定。

長方形の人工雲はジャンボ機ほどの大きさになり、太陽の追跡装置も装着し、電気動力のエンジンを使って移動する。通信やカメラ機器も搭載すれば、中継放送や治安対策に効果を見込めるとしている。

人工雲の製造費は1つ当たり最低で50万米ドル。カタール国内で造ることを期待している。

W杯は通常、6月から7月にかけて開催されるが、カタールではこの時期、温度が40度以上にも達する。このためサッカー界では高温による選手や観戦客への悪影響の懸念が強まり、1月の開催案も浮上している。
http://www.cnn.co.jp/showbiz/30002259.html


遠隔操作式の人工雲!?
そんなでかいものがエンジン搭載して浮いてるのか?
ちょっと想像できないけどすごいな
スポンサーサイト
  1. 2011/03/26(土) 16:45:10|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<放射性物質、米東海岸で検出 福島第1原発から放出か | ホーム | M6.8の地震 死者多数 ミャンマー東部>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://51avenue.blog60.fc2.com/tb.php/14-8bb1088f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。