ワールドニュースDREAMER'S

世界の最新ニュース!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

管制官の居眠り相次ぐ-米FAA

米連邦航空局(FAA)で航空管制責任者を務めていたハンク・クラコウスキ氏が14日、辞任した。米国ではこのところ航空管制官が勤務中に居眠りをしていた事例が相次ぎ、ここ2週間以上にわたって国民の批判が高まっていた。
ユナイテッド航空の安全問題担当者を務めた経験もある同氏は最近まで、規制当局者ならびにFAAのランディ・バビット局長と良好な関係にあるとみられていた。このところの複数の事例では、航空管制官が業務上義務付けられている航空機への連絡もしくは監視を怠っていた。

 FAAによるこうした問題の是正措置に加え、今回のクラコウスキ氏の突然の辞任で、FAAが直面するより広範な予算と組織的な問題が浮き彫りになっている。FAAは限られた予算で膨大な範囲に及ぶ航空運航システムの運営を強いられている。

 FAAはクラコウスキ氏が14日朝にバビット局長と会談し辞表を提出したと明らかにした。FAAの首席顧問のデービッド・グリッズル氏が暫定的に後任となる。

 ラフード運輸長官はこれまで、管制官の勤務中の居眠りについて「プロにあるまじき」、「絶対に容認できない」行為として公然と批判していた。
http://jp.wsj.com/US/node_222747


乗客の命を預かっているというのに
居眠りによる管制官の航空機への連絡の怠りがあったとは
ユナイテッド航空はこれで大きく信頼を失うだろう
スポンサーサイト
  1. 2011/04/16(土) 20:44:06|
  2. アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<暴雨風で竜巻が発生 多数死亡 米南部 | ホーム | アップルの白いiPhone、間もなく登場か>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://51avenue.blog60.fc2.com/tb.php/36-02a3c692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。